「北三陸バル」タコとんび

「タコとんび」ってご存知ですか。タコの口に、鳥のトンビに似た形の軟骨があることからそう呼ばれています。スーパーに並ぶことは少ないですが、通好みの珍味として人気です。タコの口は足の根元にあり、筋肉が活発に動くところにあるため弾力があり、噛めば噛むほど旨みがじゅわっと出てきます。

そんな「タコとんび」を使った新商品が、越戸商店から発売された「北三陸バル」です。スペインのバルで出てくるおつまみをイメージした商品です。爽やかなレモンとブラックペッパーで風味づけされており、じっくりとスチーム調理されているので、ほろほろの食感と濃縮した旨みを味わえます。

8個前後入り、1000円。ひとつひとつ真空パック入りで、常温保存できます。

おやつやおつまみ、普代村のお土産にいかがですか?

 

お土産のトップへ戻る