普代の鮭汁

撮影日 2016/10/30
撮影場所 はまゆり会館
コメント ふるさとの味「鮭汁」を紹介します!

 

鮭の水揚げが始まっているこの時期。

おいしい鮭が食卓に並び始めたのではないでしょうか?

普代の「鮭料理」の定番といえば「鮭汁」

寒い日に鮭と野菜がたっぷり入った鮭汁はたまらないですよね。

ふだいのあっぱ(お母さん)達が鮭汁を作っていたのでその様子をご紹介します。

この日は普代のお祭りの山車笠越しで、旭日区の地区の方々が集まるということで

20名分の鮭汁を作るとのことでした!

鮭汁は漁師料理なので、たくさんの量を作ると美味しくできるとのこと。

大きい鍋で作る鮭汁は、沢山おかわりしたい!と食欲が湧いてきます。

鮭は切り身を3〜4ヶに切ったものに塩をしています。

臭みを取るために、湯通しするのがポイントとのことでした。

鮭は身だけでなく、頭は出汁用として使用しています。

他にもゴボウと人参、ネギ、大根、ジャガイモ、しいたけ、豆腐など具沢山の鮭汁です!

中でもゴボウは臭みをとる為の必需品!ゴボウは必ず入れているそうです。

やっぱり普代のアッパ達は手際が良いですね〜!みるみるうちに、良い香りが♪

完成した「鮭汁」です!

野菜がたっぷり。鮭の頭が出汁なので、味が深くて広いです。

ご飯と鮭汁だけで栄養満点の一品。

なんといっても、アッパの優しい味が沁みますね〜!

普代の鮭といえば、優しい鮭汁。

是非ご家庭でも作ってみてくださいね。

ぶらふだいのトップへ戻る