普代中学校1年生「DISCOVER普代」

撮影日 2018/06/06
撮影場所 下川原商店、越戸商店
コメント 普代中学校1年生「DISCOVER普代」

平成30年6月6日(水)、普代中学校1年生(14人)は、「DISCOVER普代」という総合学習の一環で村内の事業所4か所を訪問しました。生徒は、9月に予定している販売活動に向け、事業所で製造している商品についてメモしながら説明を聞いたり、質問をしていました。

このうち、昆布を使った焼き菓子「昆布之介(こんぶのすけ)」を製造販売している下川原商店では、「コンブ粉末を使った商品を、商品にするまでの苦労は?」という生徒の質問にお店の方が「水を吸うと固くなり、食べやすくするために苦労しました。」と答えました。また、「販売するときの注意点は?」と聞かれると「(お客様に)疲れた顔を見せない。釣銭を間違わない。誠実にする。」というアドバイスを受けていました。説明を受け終えると下川原商店で作っているシュークリームを頂きました。

次に訪れたイクラやウニなどの水産加工品を製造販売している越戸商店では、生徒から「品揃えで気を付けていることは?」と聞かれると「店舗スペースが限られているので売れ筋商品のみを置いている。」と話しました。「店のこだわりは?」という質問には「地元の商品を置くようにしている。」と答えました。

最後に今日の学習を終えた感想を生徒に聞くと「9月に販売する商品について知ることができた。」や「聞いたことを説明して普代の良さを伝えたい。」と話してくれました。

今回学習したことを生かし、9月に久慈市内で普代村の特産品販売体験することにしています。

ぶらふだいのトップへ戻る