図書室でリサイクル工作をつくろう!を開催

撮影日 2018/07/30
撮影場所 村図書室
コメント 子どもらの個性あふれた作品揃う

平成30年7月30日(月)、村図書室で「図書室でリサイクル工作をつくろう!」が開かれました。この日は幼児2人や小学生12人、一般8人のあわせて22人が参加しました。
催しは、夏休みを利用し子どもたちに図書室にある本を参考にした工作を通じ、読み物への関心を促すことを目的に行われています。

子どもたちなどは、「はじめてでも上手に作れる!バーバリウムの教科書」より「みじかにある夏の花でつくるバーバリウム」を作成しました。
バーバリウムは植物標本のことで、ドライフラワーを特殊なオイルと一緒に瓶へ閉じ込めたものです。今回は特殊なオイルの代わりに液体のりを使いました。

<材料>
・ふたつきの空き瓶
・ドライフラワー
・ハサミ
・接着剤
・液体のり
・割りばしなど
空き瓶の大きさに合わせ茎の長いものはハサミで切りながらドライフラワーを並べます。その後ビーズなどの飾りを入れ、液体のりを注ぐと完成です。
子どもたちなどは、図書室の担当者から作り方の説明を受けた後、完成をイメージしながら真剣に作品づくりに取り組んでいました。
作品は、1時間ほどで出来上がりました。


子どもの1人は「花を瓶の奥に詰めるところが難しかったが、きれいにできた。」、保護者の1人は「親子で一緒に楽しめて良かった。」と話しました。


個性あふれる色鮮やかな作品がテーブルに並びましたね。完成した作品は自宅に持ち帰りました。

ぶらふだいのトップへ戻る