普代村文化祭ステージ発表

撮影日 2018/11/04
撮影場所 社会体育館
コメント 文化の秋 舞台いろどる 芸達者

平成30年11月4日(日)、普代村文化祭ステージ発表が普代社会体育館で行われ、村内外から8団体が出演しました。
普代小学校1年生の子どもたちは、鍵盤ハーモニカなどの楽器を使った合奏や歌を聴かせました。
はまゆり子ども園の子どもたちは、揃いの衣装と音楽に合わせてダンスを元気いっぱい発表しました。 久慈市からゲスト参加の「江戸芸かっぽれ久慈粋の会」の皆さんは、粋で楽しく愉快な踊りでした。 普代中学校七頭舞同好会の生徒たちは、「中野流鵜鳥七頭舞(うのとりななずまい)」の勇壮な舞を披露しました。

「てぼかい合唱団」「賢治と語る普代会」は、優しい歌声の合唱、宮沢賢治作品の朗読を披露しました。 チアダンスサークル「シャイニーズ」は、音楽に合わせたノリの良いダンスを発表しました。
鵜鳥神楽保存会の皆さんは、「恵比寿舞」を披露。お客さんも参加し会場を楽しませました。

「ふだい荒磯太鼓」の皆さんは、会場内に響き渡る太鼓の演奏で魅了しました。 多彩な内容のステージ発表にお客さんも満足したようすでした。

ぶらふだいのトップへ戻る