歳末たすけあいチャリティー演芸会1

撮影日 2018/12/2
撮影場所 社会体育館
コメント 演芸を 観て楽しんで ボランティア

平成30年12月2日(日)、歳末たすけあいチャリティー演芸会『ボランティアフェスティバル』が社会体育館で開催されました。あわせて16組が和太鼓演奏や神楽舞、踊り、歌などを来場者約200人に披露しました。今回の入場料500円や義援金は、普代村歳末たすけあい運動や赤い羽根共同募金の義援金と村の福祉活動の充実 のために役立てられます。

【普代中学校七頭舞(ななずまい)同好会】
メンバー13人による勇壮な「中野流鵜鳥七頭舞(うのとりななずまい)」でスタートしました。

【ふだい荒磯太鼓】
結成25年を迎えた創作和太鼓団体。5人が演目「深山」を迫力ある演奏を披露しました。

【利扇会】「細雪」
【太田名部婦人会】「さざんかの宿」

【はまゆり子ども園さくら組】
「OH!すし」を園児13人がリズムに合わせて楽しく踊りました。
【普代村老人クラブ連合会】
「もちつき踊り」を3人で軽快に披露しました。
【高井敏雄さんと孫の理史くん】
演歌「浪花節だよ人生は」を熱唱。お孫さんのハリのある、伸びのある声が観客を魅了しました。
【ふだい盆踊り保存会】
「ふだい盆踊り」を8人が披露し、来場者が途中から踊りに参加し楽しみました。
【金城秋男さん】
「おさげと花と地蔵さんと」を歌を聞かせました。歳末たすけあいチャリティー演芸会2 に続く)

ぶらふだいのトップへ戻る