ふだいおでん発表会

撮影日 2016/12/18
撮影場所 保健センター
コメント ふだいのおでんは体によくておいしいよ!

体も心もあったまる!冬はやっぱりおでんですよね!

料理研究家 小野寺 惠 さん(普代村昆布大使)を迎え

「ふだいおでん発表会」が行われました

「ふだいおでん」のメニューは

1.昆布入りちくわ

2.昆布入り三陸揚げ(さつま揚げ)

3.昆布入り黒はんぺん

4.ハイブリットボール(宮城県産えごま豚、岩手県産南部どり、クジラの皮)

5.ホタテとお餅入り巾着袋

6.せんべい汁用せんべい

7.大根

小野寺 惠 さんご指導のもと皆さんが協力して作った

普代の特産品「昆布」を利用した減塩レシピをご紹介いたします!

体から塩分を出してくれるカリウムが豊富に含まれている昆布

材料の中にも普代産のすき昆布が使われていますよ!

 

基本のおでんだし

昆布(40cm) 2枚

花かつお     80g

酒        小2

薄口しょうゆ   小1

塩        小2/1

きび砂糖     大1

水        2L

・大きめの鍋に昆布と水を入れて1時間おく

・弱火にかけて沸騰する直前に花かつおを入れ火を止める

・約3分後ザルでこし酒と薄口しょうゆ・塩・きび砂糖を入れ味をつける

・大根の皮は厚くむいて3センチから5センチに切って、米のとぎ汁に入れておく

・昆布でダシを取った汁の中に大根・ハイブリットボール・かえしを入れます

「かえし」

Aのレシピ

だし     30ml

砂糖     15g

塩      2g

薄口しょうゆ 3ml

Bのレシピ

だし     50ml

砂糖     15g

日本酒    15ml

塩      1.5g

薄口しょうゆ 1.5ml

 

ホタテとお餅が入った巾着袋

スパゲッティを3/1くらいに折ったもので止めるといいそうですよ!

鍋に材料を入れる

塩分控えめでもおいしくなるコツ!

「旨味をだして甘味をだして最後に塩味」

塩を入れる前のおでんのつゆをお味見・・・

「あまい!」

みなさん口を揃えて言っていました!

旨味と甘味が出たら塩で調節

この日は200ccのお水に3.5の塩を混ぜ、少しずつ味を見ながらいれていきました

この大鍋にたいして3.5の塩

塩分測定器で図ってみると・・・

0.6!?

といってもピンときませんね・・・

人が一番おいしいと感じる塩分濃度は0.8~0.9だそうです!

それよりも低い0.6なのに、こんなにおいしいなんて!

素材の旨味が引き立って塩がいらないくらいですよ!

最後にせんべい汁用せんべいを入れて完成です!

さあ、みなさんで試食です!

みなさんはじめて食べる味に興味津々

「いつもは醤油味の濃いものしか食べたことがなかった・・・」

「美味しかったです!」

この発表会を行うことで、村内外へ「普代の昆布」「普代村」の魅力を発信して

いければと思っています!

ぶらふだいのトップへ戻る