てぼかい合唱団

撮影日 2017/03/07
撮影場所 普代村社会福祉センター
コメント 普代村の合唱グループの練習風景です!

 

毎週火曜日の夜、普代村社会福祉センターから歌声が響きます。

中を見てみると・・・合唱の練習中。

この団体は「てぼかい合唱団」という合唱グループです。

「てぼかい」とは普代村の方言で「不器用」という意味があります。

「不器用だけど歌が好き」というてぼかい合唱団の一途さが

聞く人に感動を与えています。

てぼかい合唱団は、昭和59年、普代小学校のPTA文化部の活動から生まれました。

土地の言葉を大切にしていた”宮沢賢治の心”をテーマにして

長い間村民に親しまれています。

毎週火曜日、19時から約2時間練習しているのですが

先生の指導の元、時々笑いも織り交ぜながら歌声を響かせます。

合唱のメンバーは現在は19名。

普代村文化祭や様々なイベントでその歌声を披露しています。

是非一度、その歌声を聞いてみてくださいね。

聞いているだけで元気が湧いてくる歌声です♪

ぶらふだいのトップへ戻る