普代神社巡り12

撮影日 2017/03/21
撮影場所 津島神社
コメント 普代神社巡りシリーズ12

 

普代神社巡りシリーズ12(シリーズ11はこちら)は

茂市地区にある津島神社(つしまじんじゃ)です。

鳥居をくぐると、目に入ってくるのは、この神社を守っているかのように

円を描いている木。

幻想的な世界観が広がります。

この神社は、お社の名前が誰に聞いてもわからず、

茂市の古老 高屋敷忠太郎爺によると「津島神社」というのぼりが

ご縁日にたったことを見たことがあるとのことから津島神社と呼ばれています。

昔から「てんのうさま」と呼ばれ、部落の神様として拝んでいるとのことでした。

神社の境内には金刀比羅神社・金毘羅神社・山神宮・天照皇大神・神社仏閣拝礼塔

南無阿弥陀佛の六基の石碑があります。

狩猟がさかんで、猟師がかかさず参拝していた神社であったので

山野での安全と、多くの収穫を祈って、山神として拝んだとのことです。

幻想的な雰囲気が広がる津島神社、是非一度ご参拝ください。

 

津島神社

ぶらふだいのトップへ戻る