鶏卵料理講習会

撮影日 2016/10/26
撮影場所 普代村保健センター
コメント 鶏卵講習会の様子です!

 

「たまご料理を作って食べよう!」という鶏卵料理講習会が保健センターで開かれました。

それぞれのグループに分かれ、担当料理を作ります。

その中でも一際目を引くのは、普代村の名産品「すき昆布」を使った料理。

「すき昆布」と聞くと煮物を思い浮かべますが、

今回は「すき昆布の香り揚げ」

名前だけでも十分おいしそうですね。

一口大に切ったすき昆布の片面に卵白をつけ、

ごまをまぶしパリパリになるまで、1枚1枚丁寧に揚げます。

 

煮物とはまた違った、色鮮やかな緑色で食欲が進みますね。

ごまだけでなく、桜エビとちりめんじゃこをまぶして、黄身と天ぷら粉をつけて揚げても

また違った色合いと食感になりました。

「こんな風に食べたことないなぁ〜」「おいしそう!」

という声が沢山聞こえてきました!

それぞれのグループの料理を終え、バランスばっちりな食卓のできあがり!

 

食欲の秋にふさわしい、鶏卵料理講習会となりました。

それにしても、普代村のあっぱ(お母さん)の笑顔は素敵ですね〜!

ありがとうございました!

すき昆布の新しい調理方法、是非試してみてくださいね。

詳しい調理方法はこちらから→普代村役場掲載レシピCookPad普代あっぱのキッチン

ぶらふだいのトップへ戻る