みちのく潮風トレイル×フィールドビンゴ

撮影日 2017/08/11
撮影場所 潮風トレイル、寄り道コース北
コメント 夏休み特別企画!卯子酉山に登ろう!

8月11日金曜日。

この日は平成28年に新設されたばかりの国民の祝日「山の日」でした。

普代村ではこの山の日にちなんで

夏休み特別企画

「卯子酉山(うねとりさん)に登ろう!みちのく潮風トレイル×フィールドビンゴ!!」

が開催されました。

このイベントは、みちのく潮風トレイルの寄り道コース北ルートを進み、

道中ビンゴゲームを楽しみながら卯子酉山山頂を目指し、

最後に全員で昼食のカレーライスを食べるというイベントです。

コースは全長約7キロ、所要時間約3時間となります。

普代村では8月に入ってからほぼ連日の雨模様、

しかし、この日の天候は曇りはしたものの雨は降らず、

涼しさを残したまま当日を迎えることができました。

 

集合場所の普代駅には参加者が続々と集まり受付を済ませます。

この日の参加者は16名。

 

全員が受付を済ませ、準備運動をし

さっそく卯子酉山山頂を目指し普代駅を出発します。

このイベントのタイトルにもあるように、受付時にフィールドビンゴのビンゴカードが全員に手渡されました。

フィールドビンゴとは、今回のコースを歩きながら、見たり、聞いたり、触ったり、匂いを嗅いだり、体の感覚を使ってカードにあるアイテム(虫の鳴き声や木の実、クモの巣など)を見つけシールを貼っていくもので、16個のアイテム欄を埋めていくビンゴゲームです。

このフィールドビンゴの甲斐あって、道中の自然に注意深く目を向ける良い機会にもなりました。

ビンゴカードの中のアイテムの一つ「オレンジの花(ゆりの花)」

 

普代を流れる茂市川でも、魚やヘビを発見!

ビンゴカードのアイテム「水の中のいきもの」です。

カードを埋めながら散策が続きます。

 

舗装路を出て林道へ

林道を抜け最初の給水ポイント

好奇心旺盛な子どもたちのビンゴカードはすでにたくさんのシールが貼られています。

 

休憩を終え次のポイント、卯子酉山のふもとにある集落を目指します。

 

ふもとの集落で休憩。

ここまでくれば、卯子酉山まであと少し!

休憩所の壁にもビンゴカードの絵がありました(鵜鳥神楽)。

 

卯子酉山(うねとりさん)に鎮座する鵜鳥神社(うのとりじんじゃ)、そのふもとの遥拝殿に到着しました。

山頂、そして奥宮へと続く山道前で記念撮影。

ここまでくればもう一踏ん張り!

出発前に遥拝殿で手を合わせる参加者も。

いざ最後の難関へ挑みます!

卯子酉山の山頂と奥宮へ続く道は、急な坂道が続く長く険しい道です。

 

樹齢500年以上と言われる夫婦杉がある祠。

 

133段ある石段。

この石段を登り、奥へ進むと奥宮が見えてきます。

山頂付近にある鵜鳥神社の奥宮。

 

奥宮の後方100メートルほど先に進むと、

眼下に太平洋が展望することができる「お岬様」が。

 

奥宮を後にし、いよいよ卯子酉山の山頂を目指します!

山頂への道は狭く、草木も生い茂っています。

卯子酉山山頂の証!

そして、ビンゴカードのアイテム「三角点」もありました。

 

そして、登るより大変な下山へ。

下山したところで本日のトレイルはここまで、

いよいよ本日最後のイベントメニュー、昼食のカラーライスです♪

いい香りが遠くまで届いていました。

ここでもビンゴカードのアイテム「いいにおい」を発見!

 

それぞれ持ち寄った皿にご飯とカレーを盛りつけ、

「いただきます!」

子どもたちの元気なあいさつでカレーをいただきます♪

疲れと空腹を満たしてくれるとても美味しいカレーライスでした⭐︎

 

フィールドビンゴは、すべての参加者がビンゴすることができたました。

そして、カードのアイテムだけではなく、

周囲を注意深く観察することで他にも様々な発見ができたようです。

 

主催の「株式会社青の国ふだい」では、トレイルイベントを年内にあと2回計画しているとのこと。

普代の様々な魅力を発見できるトレイルイベント。

是非みなさんも参加してみてはいかがでしょうか⭐︎

ぶらふだいのトップへ戻る