普代の石碑巡り 〜番外編〜

撮影日 2017/04/18
撮影場所 普代水門
コメント 東北お遍路巡礼地

東日本大震災の大津波から普代村を守った普代水門。

その普代水門の傍に、「東北お遍路巡礼地」という石碑が平成29年3月の吉日に建立されました。

「東北お遍路巡礼地」とは、一般社団法人 東北お遍路(こころのみち)プロジェクトが、東日本大震災により被害を受けた福島県から青森県までの沿岸地域に慰霊・鎮魂のための巡礼地63箇所を選定し、千年先まで語り継ぎたい物語を見い出して「こころのみちの物語」として発信し続けることを目的として各地に巡礼塔が建立されました。

そして、この東北お遍路プロジェクトは、民族や宗教を越えた多くの方々に巡礼地を辿って頂くことにより、東北の各被災地が連携して、千年後までも経済的文化的に自立発展できる復興の一助となるよう、活動を続けています。


こころのみち物語とは、

その時の想いを その時代の記憶を 生まれくる人々のために ことばで繋ごう みんなで創ろう 千年続く、こころの物語

を合言葉に、写真コンテストや俳句コンテストなどの各種イベントを開くなどして、語り継いでいこうという試みです。

 

みなさんも各地の巡礼地を巡り、慰霊・鎮魂の願いを込め、手を合わせてみてはいかがでしょうか。

ぶらふだいのトップへ戻る