新着情報

5/12(日) 鵜鳥神社例大祭

2019年05月10日

明後日=12日(日)は鵜鳥(うのとり)神社の例大祭です(旧暦4月8日)。
縁結びや安産のほか海上安全、大漁の神として信仰を集めている神社で、
地元下閉伊地域はもちろんこと、北は八戸、南は釜石周辺の漁業関係者も
参集します。多くの人々が新緑まぶしい卯子酉山(うねとりさん)山頂に

鎮座する本殿(奥宮)を詣で、海上安全と豊漁を祈願します。
この例大祭の目玉は 鎌倉時代に始った山伏神楽の形を受け継ぐ
国指定重要無形民俗文化財『鵜鳥神楽』の奉納。
境内の神楽殿を会場に松迎(まつむかえ)、山の神、恵比寿舞などの演目が
午前11時頃から約2時間かけて披露されます。
境内では沿岸の祭事ごとに欠かせない豆腐田楽を焼く屋台や露店なども並ぶほか、
神社謹製の草もち、オリジナルラベルのお神酒なども販売。

遥拝殿(ようはいでん)脇にある社務所では、煮しめ・赤飯・お酒などもいただくことができるなど、
初夏の卯子酉山は、ウキウキとした祭り気分で包まれます。
千年を超える霊験あらたかな例大祭に、皆さまお誘い合わせの上ぜひお越しください。