観光情報

ふだいまつり

初秋の普代村を祭り一色に染める3日間。
豪華絢爛、工夫を凝らした風流山車が町内を練り歩き
駅前の特設会場では楽しいアトラクションも多数開催されます

9月中旬

絢爛豪華な山車が村中心部を巡行するふだいまつり。岩手県北地域に多い風流山車が練り歩くお祭りで例年9月中旬の3日間にわたり行われます。

鏡開き

鏡開き
 お祭りは駅前ステージの鏡開きでスタート。樽酒はお神酒として参加する大人全員に振るまわれる。

駅前に山車が集結

駅前に山車が集結
 初日の午後4時40分頃、三鉄・普代駅前に終結した中組と下組の山車。ノロシとともにお祭りがスタート。

初日はお通り。普代駅前に集結した2台の曳山は、祭り開始のノロシとともに運行開始。それにしても山車のなんと煌びやかなことでしょう。中組と下組の2台の風流山車ともに時代物語の一場面を再現しているのですが、ともかく派手。しかも、この風流山車には、折りたたみ式のカラクリが設えられており、山車が運行時のおよそ2倍の大きさになるのです。それはまるで合体ロボットが変身するかのよう。舞台場面が左右に広がり、上部がアップ。さらに、人形も登場するなどその仕掛けにビックリです。

揃いの半纏に身を包んだ曳き子たちにより曳き回された風流山車は、御輿、神楽に続き、町の中心部に。交通規制の敷かれた国道45号を南へ向かいます。

役場付近前

役場付近前
 「中野流鵜鳥七頭舞」を舞う普代中学生を先頭に駅前から国道45号へ向かう。

国道45号を南下

国道45号を南下
 国道に出た山車はメインストリートを南下。旧診療所跡付近まで下る。

夕闇迫る午後6時前、中心商店街の南にある旧診療所跡に到着。その休憩時間を利用して普代中学生による中野流鵜鳥七頭舞が披露されます。軽快な太鼓の音とともに伝統衣装に身を包んだ約30名の踊り手が舞いを披露。約20分にわたり休むことなく踊り続けた生徒たちに観客から惜しみない拍手がおくられます。

神楽が終了すると山車は北に向かいスタート。宵闇の中にライトアップされた山車が、より華やかさを増し浮かび上がります。曳き子たちのボルテージも、お囃子の掛け声も一層アップ。主だったポイントで停止しては、町内の喉自慢が音頭上げを披露します。

神楽披露

神楽披露
 山車の休憩時間を利用して普代中学校の生徒により「中野流鵜鳥七頭舞」神楽が披露される。約20分にわたり激しい動きの舞いが披露されるのだ。

夜間運行は幻想的で迫力満点

夜間運行は幻想的で迫力満点
 幻想的な雰囲気に包まれる中組・山車の夜間運行。各所で仕掛け屋台を披露する。高さ、幅ともに運行時の2倍近くにもなり迫力満点。

午後7時半過ぎ、メインストリートに集結した2台の山車は、互いに向かい合って太鼓の競演を披露。下組の山車では祭りの無事を願って餅まきも行われ、初日の山車運行は終了。午後8時過ぎからは役場横の普代川沿いで約20分にわたり花火大会を実施。彩とりどりの花火が初秋の北三陸の夜空を彩ります。

秋の夜空に掛け声が響く

秋の夜空に掛け声が響く
 こちらは下組の山車。女の子たちの掛け声が夜空に響く。

祭りだ!出店だ

祭りだ!出店だ
 普代駅前には20件あまりの出店が並び、子供たちでいっぱい。

田楽屋台も登場

田楽屋台も登場
 駅間広場には豆腐田楽を焼く屋台も出店。見学者にも大人気だった。

花火大会

花火大会
 役場近くの普代川を会場に花火大会も開催。午後8時から20分間。初秋の夜空に花火が上がる。

2日目となる中日にはさまざまなアトラクションが行われます。中心商店街にある八幡宮境内では午前9時から奉納相撲を開催。特設ステージや露店が設けられた普代駅までは、村内外の特産品の直売が行われるほか、郷土芸能、チャグチャグ馬コも開催。夕方6時からは商工会青年部主催のカラオケ大会で盛り上がります。

最終日はお還り。普代駅前に再び集結したお御輿と山車は、午後0時30分にスタート。国道45号を経てそれぞれの町内へ戻ります。午後2時からは煌びやかに着飾った子供たちが練り歩く稚児行列。さらに、夕方5時30分頃からは駅前特設ステージで最後となるイベント弁慶の力持大会が開催されます。祭り疲れも何するものぞ。多くの村人が最後の力を振り絞りそのパワーを競い合います。